愛犬を車に乗せてドライブ

仮想通貨――通貨というもの

 仮想通貨として最も有名なビットコイン。
 しかしそもそも、「通貨」とはんでしょうか。
出向く手間送る手間がない仮想通貨サイトは便利です

 

 現在、世界的に見てもハードカレンシーは数少ないです。
 ハードカレンシーとは、国際市場で他の通貨との交換が容易で、「相場」が形成されている通貨のことです。
お得な商品満載のエターナルコインならまずはココをご覧下さい

 

 誰もが円安、円高、という言葉を聞いたことはあるでしょう。あれはドルと円の交換する「市場」が確立しているからこそある言葉なのです。

 

 世界的に見ても信用ある通貨である円。
 世界で最も信用ある通貨のドル。
 最近信頼が揺らぎ始めているものの、いまだに市場において揺るぎない信頼を受けているユーロ。
 現在自国通貨がハードカレンシーである国は、170国ある国のうち、ごくわずかです。
エターナルコインと言ったらココ→エターナルライブを見なきゃ損

 

 そのほかの通貨は一体どうやって市場によって交換されているのかといえば、基軸通貨であるドルを通しているのですが、今回は直接関係のないことなので割愛します。
気になるエターナルクスエアの詳細についてはこちら!
 これらハードカレンシーを支えているのは、「信用」という得体のしれない、実体のない、けれども多くの人が信認しているという事実と、実際にそれを金(きん)や、土地などの不動産、食料などの実物資産に交換できるという「実需」です。

 

 例えば無人島で金を持っていても何の価値もありません。
 しかし、金と引き換えに食料を売る店があれば、そこには明白な価値が生じます。「食料引換券」という価値が。
 日本で円がもてはやされるのは、円と引き換えに食料も土地も不動産も何でも手に入る、という事実があるからこそです。

 

 通貨の価値を決めるのは、「実需」と「信用」なのです。

 

 ビットコインの歴史をひもとけば、このコインが世界に出現してから、まだたったの十年足らずです。
 当然、通貨の最も大事な「信用力」についてははなはだ心もとない状態です。信用というのは目に見えないあやふやな幻想ですが、それを多くの人が信奉するからこそ、ただの紙切れでしかない紙幣が無数のものと交換できているのです。

 

 ですが一方、「実需」の方ではビットコインの足場は着々と踏み固められていると言っていいでしょう。ビットコインの決済利用を認める店が増えれば増えるほど、それは「実需」となるのです。  

 

 紙も硬貨もない、仮想通貨であるビットコイン。通貨が通貨でありえる二大要素の「信用」と「実需」のうち、後者はどんどん増えています。
 残りの信用について、実体政府の信認がない金は信じられない、という層はたくさん存在しています。
 ですが、時というものには、あやふやなものの価値を固定する効果があります。

 

 もしビットコインがこの先十年、二十年、生き延びれば、そのときにはこの通貨は時の鉄槌を潜り抜け、時間経過による信用力を得ているでしょう。

 

 ひょっとしたら、プログラムが作り出した仮想通貨がハードカレンシーの一角となる、そんな日さえも到来しているかもしれません。
 百年後の未来の基軸通貨。それがドルであると断言することは、誰にもできないのですから。
欲しい時に手に入るのはココ→仮想通貨だけ!